読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meeting of the Hearts / 山口ミチオ

山口ミチオの音楽活動や、日々の出来事を思いつくまま。

ZOOM MS-70CDR

野外即興用に超軽量コンパクトな空間系マルチエフェクターZOOMのMS-70CDRを導入しました。

野外即興はバックパックに機材を背負って歩くので、荷物の軽量化は重要事項の一つです。コンパクトエフェクターがほとんどですが、それでも複数になると重量もそれなりに。100gでも軽くしたいところ。

f:id:pauch:20150207164647j:plain

これまではZOOMのベース用のマルチB2を使っていました。これをMS-70CDRに変更して重さが700gから350gの軽量化。大きさもコンパクトエフェクターと同じなので1/3ほどのサイズダウン。軽量化とともにバックパックも少し空きました。

86種類のエフェクトから6つまで選択してシリアルに接続ができるとありますが、リッチな響きのエフェクトはDSPのパワーを食ってしまいます。マニュアルに各プログラムがどれほどのDSPを食うとか書いてない。プログラムを順につないでいくうちにDSPがいっぱいになると「DSP FULL!!」とエラーが(笑)。

ディレイやリバーブは単体エフェクトには劣りますが、十分なクォリティ。350gの筐体がここまで鳴れば文句なしです。いいなーと思うプログラムは「Particle Reverb」。アンビエントな世界にどっぷりと浸れます(笑)。YouTubeなどでもこの機能がよくレビューされているところを見ても評価は上々のようです。

ms-70cdr particle - YouTube

足で押せるスイッチは1つだけ。画面に表示されているエフェクトのON/OFFのみ(パッチメモリを使うとパッチの選択)。各々のエフェクトの画面を表示させるにはスイッチの周りにあるカーソルキーを手で押さなければなりません。

手でコントロールする分にはスイッチやノブの配置はとてもよくできていて、すぐに慣れることができます。B2はヘッドフォンが使えましたがMS-70CDRは使えません。次回はもう少し踏み込んだレビューをしてみたいと思います。

f:id:pauch:20150207161220j:plain
Roland RE-201 9.5Kg

f:id:pauch:20150207161446j:plain
AKG BX20E 約50Kg

ZOOM 驚異のマルチ・ストンプ 空間系エフェクト MS-70CDR

ZOOM 驚異のマルチ・ストンプ 空間系エフェクト MS-70CDR

ZOOM ベースエフェクツペダル B2

ZOOM ベースエフェクツペダル B2